記事の詳細

Pocket

<気持ちイイ度★★★★☆>

 

スーパーラグビー ブルズ対シャークスの一戦。22m付近のセンタースクラムでフルバック15番のスプリント能力が光る移動攻撃を見せてくれた。

 

センタースクラムから、№8 →スクラムハーフ9番のタイミングでスクラムの後ろにポジショニングしていたスタンドオフ10番と左サイトにポジショニングしていたフルバック15番が右サイドに移動。

 

同時に、センター13番がデコイで縦を突きディフェンスを2人引き寄せる。センター13番の背中を通してスタンドオフ10番がボールを受けラインブレイク。

 

左にフルバック15番、右にウイング14番の3対2の状況を作り最後はフルバック15番がボールを貰いトライを決めた。

 

※サインプレーは下記動画の1分26秒~確認できます。

 

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る