記事の詳細

Pocket

<気持ちイイ度★★★★☆>

 

スーパーラグビー チーフス対ライオンズの一戦。スタンドオフ10番の軽くインに切るコース取りがエロい!

 

敵陣22mラインアウト。スクラムハーフ9番からボールを受けたスタンドオフ10番は一度外に視線を送りディフェンスを外に意識させた後、少しインに体を入れると同時に、ブラインドウイング11番(ジェームズ・ロウ)がナイスタイミングで空いたスペースに走りこんだ。

 

相手フォワードのディフェンスがザルという見方もあるが、空いたスペースに上手く走りこんだジャームズ・ロウのスピードはタイトファイブが止めるには難しい。

 

※サインプレーは下記動画の1.09分~確認できます。

 

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る