記事の詳細

Pocket

<気持ちイイ度★★★★★>

 

スーパーラグビー ハイランダーズ対ブルーズの一戦。 自陣10mライン付近のスクラムから一気にインゴールまで突っ走った。

 

スタンドオフ10番が仕掛けながらパスを受け、右側のラインを見ながら左にノールックパス。

 

そこには、1センターの後ろにポジショニングしていたブラインドウイング11番がタイミングよく走りこんだ。角度によってはスローフォワードに見えるタイミングだが、笛はなし。

 

ディフェンスが誰もケアしていないスペースを爆走し最後はフォローに来たセンター12番に回してトライを決める。

 

※サインプレーは下記動画の最初のプレーです。

 

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る