記事の詳細

Pocket

<気持ちイイ度★★★★★>




2009年ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの一戦で見せた南アフリカバックスのブラインドウイングをかましたサインプレー。

 

敵陣22mスクラム。№8からハーフにボールが渡り、もうスピードで縦に入ってきた1センター12番の背中にいたのが、ブラインドウイングのブライアン・ハバナ。

 

ディフェンスはほぼハーフの動きにつられており、そこに縦にインしてきたセンターにより完全にディフェンスの足がストップ。がっぱり空いたスペースを俊足で駆け抜けトライ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る