記事の詳細

Pocket

<気持ちイイ度★★★☆☆>

 

2014年オールブラックス対アルゼンチンの一戦。スタンドオフ ボーデン・バレットの超性格なフラットパスが演出したワイドへの攻撃。

 

ブラインドウイングが1センターと2センターの間にポジショニング。

 

スクラムハーフ9番からスタンドオフ10番(ボーデン・バリット)にボールが渡り、1センター12番が流れ、ラインに参加していたブラインドウイング11番と2センター13番が縦に入りディフェンスを引き付ける。

 

早めに12番にバスし、ワイドに待ち構えていたフルバック15番にワイドにフラットパスを回して作戦成功。2対1の状況を作り、大きくブレイク。最後はウイング14番(ベン・スミス)がトライを決めた!

 

※サインプレーは下記動画の最初のサインプレーです。

 

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る