記事の詳細

Pocket

<気持ちイイ度★★★★★>

 

2011年日本対イタリアの一戦。14-7とイタリアにリードされた前半20分。22mライン付近ライアウトからのサインプレー。

 

バックスラインにはスタンドオフ10番の隣にフォワード2名がスタンバイ。

 

スクラムハーフ9番からスタンドオフ10番がパスを受け、1枚フォワードを飛ばして№8がタテを突く。

 

相手に当たる前にフォワードの後ろにいたセンター12番が№8からボールを貰い、2センター13番にパスorその裏でブラインドウイング11番の状況でトップスピードで入ってきたセンター13番(平)にパス。

 

ディフェンスは人数は足りているもののセンターのスピードに付いてこれずそのままトライ。

 

※サインプレーは下記動画で確認できます。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る